子どものウイルス感染による主な発熱には様々なものがあります。
先日投稿したおたふく風邪に加え、突発性湿しん、はしか、水ぼうそう、アデノウイルス、
へルパンギーナ、溶連菌感染症、インフルエンザ、等です。

突発性発疹
0~1歳の乳幼児に多い。あまりほかの症状なくいきなり39~40℃の発熱が3日間続き熱が下がるとはでな発疹が全身に出ます。ほとんどは問題なく治りますが、高熱が続くので熱性けいれんをおこすことがあります。

麻疹(はしか)
発熱とともに咳、鼻水、目やにが2~3日続きこの時期はひどいかぜとみわけがつきません。いったん熱が下がったあとに高熱となり、全身に発疹がでて4~5日続きます。全経過10日くらい、とってもしんどい病気ですし、なにより合併症がこわいです。肺炎、中耳炎は珍しくないし、まれではありますが脳炎になると致命的です。予防接種で防げますので、1歳になったらすぐに受けてください。

水痘(みずぼうそう)
水をもった疹が全身に出ます。軽くすめば発疹も少ないし熱がないこともありますが、重症では高熱が3日くらい続くし、全身びっしり発疹が出ます。発疹がみんなかさぶたをつくるまで1週間くらい外に出れません、ひとにうつすので。アトピー性皮膚炎や皮膚の弱い子ども、親が働いている子どもは予防接種をお勧めします。

アデノウイルス
夏に流行するプール熱(咽頭結膜熱)の原因ウイルスです。のどが真っ赤に腫れて高熱が4~5日続きます。目が赤くなり結膜炎をおこしたり、頭痛や吐き気、下痢、高熱による消耗症状もおこります。実は夏だけでなく1年中発症し、ときに重症の肺炎もおこします。

ヘルパンギーナ
夏風邪の一種で、発熱とのどがまっかになって水疱(ぶつぶつ)ができます。熱は2~3日ですがのどが痛くて食べられないこともあります。原因はエンテロウイルスやコクサッキーウイルス。水分補給に気をつけましょう。

溶連菌感染症
溶連菌という細菌がのどについておもに扁桃炎をおこします。発熱、のどの痛み、ときに発疹が出ます。のどは真っ赤で白いぶつぶつがついて、舌が苺のように赤くざらざらになります。流行性があり、学校は出席停止になります。 抗生剤を10~14日飲むことが必要。昔はこの感染のあとに急性腎炎をおこすことが多かったそうです。

(出典:よくある子どもの病気