解熱剤というのは「一時的に熱を下げる薬」であって、病気を治す薬ではありませんので誤解しないでください。
それから、インフルエンザ脳症の発症と関連があるとして、インフルエンザの時には使ってはいけない解熱剤があるそうです。

使わないほうが良いとされる解熱剤
・アスピリン(バファリン)
・幼児用PL顆粒(サリチルアミド+アセトアミノフェン)
・メフェナム酸(ポンタール・シロップ)
・ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)

使って安全な解熱剤は、アセトアミノフェンと、イブプロフェンです。
商品名で言うと、アンヒバ坐・アルピニー坐、カロナール細粒・シロップ、タイレノール、小児用バファリンです。