夏に多い子供の病気にひとつに「アデノウイルス感染症」があります。
症状としては、「39~40度の高熱が4~5日続き、のどの痛みが強く(咽頭炎の症状)、さらに、頭痛、吐き気、腹痛、下痢などを伴うこともあります。高熱のわりに、比較的元気な子が多く、目が赤く、目やにがでるという結膜炎の症状をともなうと,これがプール熱(咽頭結膜熱)です。「特効薬」はなく、症状をおさえる治療が中心です。熱やのどの痛みをおさえる薬(解熱鎮痛剤)、目やにがひどいときは目薬を使って,体力をおとさないように回復するのを待ちます。」
ウイルス性の感染症がはやりやすい季節です。代表的なのがヘルパンギーナと手足口病で、主にエンテロウイルスの感染が原因となります。ヘルパンギーナは0~4才くらいの子どもに多く、高い熱が出ます。のどの入り口に左右対称に小さな口内炎ができる病気です。また、手足口病は手のひら足の裏と口の中の水疱と手足の発疹がでます。発熱の頻度は多くありませんが、やはり口の中が痛くなることもあります。このほかにも、熱だけの夏かぜや発疹(ブツブツ)のできる夏かぜもあります。いずれの夏かぜも、中枢神経(脳や脊髄)の中に入り込みやすい性質があり、髄膜炎をひきおこすことがありますので、注意が必要です。(抜粋:亀岡市医師会HPより)

夏は薄着になり、クーラー・エアコンなどで体温調整に影響が出るようですから、こまめに水分補給、着替えや汗ふきでケアしたあげたいものですね。